1. HOME
  2. お仏壇のお手入れ方法

お仏壇のお手入れ方法

お部屋の掃除と同じように、お仏壇も定期的に掃除しキレイに保つことが大切です。お仏壇は基本的に木工製品ですから、直射日光や湿気などに弱いもの。また細かな細工や金箔仕上げなどもあり慎重に扱うことを心がけてください。

日常のお手入れ

日常のお手入れ
  • やわらかなハタキでほこりを払います。
    (金箔や和紙の部分には直接手で触れないように気をつけます。)
  • やわらかな布でカラ拭きしてください。
  • 線香やローソクの煤汚れは固く絞った雑巾で拭き取り、カラ拭きで仕上げます。
お手入れのアドバイス
漆塗りの部分は水気に弱いので、必ずカラ拭きしてください。仏像や細工部分にたまったほこりはやわらかな筆を使ってはらうと便利です。お仏壇・お仏具専用のクリーナーもございます。

お正月/お盆/お彼岸などのしっかりしたお手入れ

木部のお手入れ

固く絞った雑巾で汚れを拭き、すぐに乾いた布でカラ拭きします。
※木部でも漆塗りや白木部分は水ぶきしません。
汚れがひどい場合は薄めた中性洗剤、または専用のクリーナーを使ってください。

漆塗り部のお手入れ

やわらかなハタキでほこりを払い、乾いた布でカラ拭きします。
細かな細工部分にたまったほこりは、先ほ細い筆を使ってやさしく払います。
油分が残ると傷みやすくなるので、直接手が触れないようにしましょう。

金箔部のお手入れ

やわらかなハタキでほこりを払います。
直接布などで拭くと金箔がはがれ落ちることもありますので注意してください。
色がくすんだり、はがれたりした場合は修理が必要です。

金具部分のお手入れ

蝶つがいや引き出しの取っ手などの金属部分は乾いた布でカラ拭きします。汚れがひどい場合は薄めた中性洗剤を使って拭いた後、カラ拭きします。
金属磨きなどを使うと表面のメッキが剥がれる原因となりますのでご注意ください。

ガラス、陶磁器製のお仏具

薄めた中性洗剤を使って洗った後、水でよくすすいでカラ拭きしてください。
濡れたままお仏壇へ置くと傷みの原因となりますのでご注意ください。

 
お手入れのアドバイス
仏像やお仏具を出して行う場合は、取り扱いに十分注意しましょう。
お掃除の前に指輪などのアクセサリー類を外し、あれば白い手袋をすると良いでしょう。
アルコール・ベンジン・シンナー等の化学薬品は、変色、剥がれの原因となりますので使用しないでください。
もし、落としきれないような汚れがあった場合は無理をせず、当店へご相談ください。

ご不明な点やご不安なことはありませんか?

当店は経験豊かな仏事コーディネーターがお客さまをお迎えいたします。些細なことでもぜひお尋ねください。お電話や当ホームページのお問い合わせフォームなどからお気軽にどうぞ。

お問い合わせフォーム