1. HOME
  2. 【福岡】仏壇・仏具の基礎知識
  3. 【佐賀】仏壇店で位牌・数珠も購入 毎日のお仕えと傷みの修理方法

【佐賀】仏壇店で位牌・数珠も購入 毎日のお仕えと傷みの修理方法

お仏壇は江戸時代以降、日本人が伝統としてきたお参りを行うことができる場所として使われ続けてきました。ところが、現代では法事などの特別な時でさえ接することは減ってきてしまっています。仏壇の知識を深めることで、より手を合わせたりする機会も増えるのではないでしょうか。こちらでは、佐賀からもアクセス便利な仏壇店である江頭仏壇店が、お仏壇の正しいお仕え方法や、仏壇の傷みに対する修理のタイミングなどについてご紹介します。

今一度、お仏壇とは何のためにあるのか、購入したのに無駄になってしまうようなことがないように見直すと同時に、ご家族で心を合わせてお祈りする時間をつくってみてください。

仏壇店がすすめるお仕えのタイミングと数珠を使った礼拝などのお仕え方法

Timing of Buddhist altar services

お仏壇を持たれている方、または購入を考えている方で正しくお仕え方法を知っているという方は少ないのではないでしょうか。日本人なら知っておきたいお仏壇のお仕え方法について、朝と就寝前の方法をご紹介します。

朝に行うお仕え

1.朝は洗面を済ませた後、花やご飯といったお供えをして礼拝を行います。

2.正座をして燈明と焼香を順番に行い、「朝の挨拶」と「召し上がりください」とお供えの挨拶を行います。

3.神棚もですが「なりますように」というお願いよりも「してくださってありがとうございます」との感謝のお祈りが良いといわれています。

4.その後に、数珠を持ち御題目や御経を唱えればなお良いでしょう。

お供えを下げる時でも良いですが、ろうそくを消します。その際には手で仰いだり、息を吹きかけたりするのではなく仏扇やロウソク消し、香箸などで消すようにしてください。

5.朝食を食べ終えたら、お供えを下げても構いません。また、朝夕のお勤め時以外にお仏壇を閉める風習があれば二重扉の内扉だけを閉めましょう。

就寝前に行うお仕え

寝る前には1日を無事に過ごせたことに感謝して、合掌礼拝するようにしましょう。ろうそくに火を灯し、香りが良い線香を焚くことで1日の疲れも癒されるでしょう。火災の心配があるので、火がしっかりと消えていることをご確認ください。

不安があるようでしたら、火を用いず感謝の挨拶をするだけでも良いでしょう。

基本的な方法をご紹介しましたが、宗派などによって内容が変わるケースもあるため、通っているお寺などに聞いてみるのもおすすめです。

佐賀からもアクセス便利な仏壇店・江頭仏壇店では、仏壇に関する様々なご相談に仏事コーディネーターが対応いたします。

九州最大級の展示数を誇っておりますので、仏壇をお探しの方はお気軽にご利用ください。ご到着予定2時間ぐらい前にお電話をいただければ、佐賀空港やJR久留米駅またはJR佐賀駅などまでお迎えに伺います。

仏壇がひどく傷んでしまう前に原因と修理について知っておこう

Learn about causes and repairs

仏壇をより長く使用するためには、傷みやすい部分や傷み方について知っておくことが大切です。ここでは仏壇の傷み方をそれぞれご紹介するとともに、修理のタイミングについてもまとめています。

1.歪みについて

長く使用し続けると、ろうそくや線香などの熱、ストーブやエアコンなどの暖房器具が発生させる熱によって歪みができてしまうことがあります。ちょっとした温風でも、長時間当たり続けることで歪みの原因となる可能性もあります。

お仏壇によっては水に弱い芯材を使用している場合があります。加工は簡単ですが、水を含むと乾燥していた部分が極端に膨らみ、表面に貼ったシートをはがすこともあります。取り扱い上の注意になりますが、水滴に注意し、こぼした時はすばやく拭き上げてください。

2.くすみや色あせについて

仏壇を購入したばかりは、木目の美しさや金箔が使われているタイプであればその部分が美しく輝いています。しかし、時が経つにつれ、経年劣化が起きくすみや色あせが生まれてしまいます。塵や埃も目につかない所で固まり付着してしまいます。日光が直接当たる部分は気がつかないうち変色することがあり、置物を時々動かすと良いでしょう。

3.剥げについて

金仏壇の場合、金箔の部分が剥がれてしまうことがあります。傷つきやすい部分なので、うっかり触らないように気をつけてください。

直射日光による色あせは、表面材に使われたシートにひび割れを起こすこともあります。

仏壇は長期にわたり使用するため様々な傷みが生じてきます。傷んだ箇所を補修するする部分修理など、気になる箇所が出てきたら早めに修理することをおすすめします。もし全体的に傷みが進んでしまった場合は、完全修復を専門店に依頼することをおすすめします。修理できない場合や、部分的な新調・交換が安価な場合など、相談されれば気づかなかった修理方法もあるかもしれません。

佐賀市からも近い福岡県大川市の仏壇店江頭仏壇店では、仏壇の洗浄・修理が可能です。数珠やご位牌なども多数揃えておりますので、長くお付き合いいただけます。佐賀周辺で仏壇店をお探しの方は、江頭仏壇店までお問い合わせください。

佐賀近くで仏壇店をお探しなら位牌・数珠などの各種仏具も販売する江頭仏壇店へ

毎日のお仕え方法とお仏壇の傷み方や修理までの流れについて解説しました。亡くなったご家族のご位牌などを安置することがある場所だからこそ、毎日のお仕えを行いながら傷んでいる所がないかチェックして大切に使っていきましょう。

もしメンテナンスや修理・修復が必要な場合は専門店に依頼して、元通りにできるのか相談する方法もあるため、歪んだり塗装が剥がれたりしたからと諦めずに見てもらうことをおすすめします。

江頭仏壇店では、仏壇の修理や位牌・数珠・仏壇の購入相談を受け付けております。佐賀からもアクセス便利ですので、ぜひご利用ください。

仏壇店は佐賀からもアクセス便利な江頭仏壇店をご利用ください!

会社名 株式会社 江頭仏壇店
住所 〒831-0035 福岡県大川市大字津17−2 交通アクセス
TEL 0944-88-0001 / 0120-07-7718
FAX 0944-86-5867
URL https://www.butsudan.co.jp/
創業 昭和22年4月1日
会社設立 昭和46年10月1日
資本金 3000万円
代表者 代表取締役 江頭 那将
従業員 20名
事業内容 仏壇・仏具、神具、祭壇の総合卸売(九州で唯一)販売業、墓石、各宗寺院の御内陣・納骨堂の新設・改修、仏壇・仏具の製造
取引銀行 大川信用金庫本店、福岡銀行大川支店
営業時間 8:30~17:30 定休日:第3水曜日