1. HOME
  2. 【福岡】仏壇・仏具の基礎知識
  3. 【福岡】仏壇店で本黒檀・本紫檀を使った高級仏壇をお探しの方へ 無垢材の仏壇の特徴

【福岡】仏壇店で本黒檀・本紫檀を使った高級仏壇をお探しの方へ 無垢材の仏壇の特徴

仏壇は古くから日本で大切にされている仏様への礼拝供養に用いられる祭壇の一つです。一般家庭にも様々な大きさや様式のものがあり、これまで使われていたものを新調される場合や、新たに購入されるという場合には選択肢の多さに戸惑う場合もあります。また、仏壇店に足を運ぶ機会が少ない方も多いです。

そこで、福岡にある江頭仏壇店が仏壇の種類や特徴について詳しくご紹介いたします。本黒檀や本紫檀といった高級素材や耐久性についてもご説明いたします。これから仏壇をお求めになるという方に、福岡の江頭仏壇店が精いっぱいサポートさせていただきますので、ぜひご覧ください。

本黒檀や本紫檀などの高級な銘木を使った無垢材の仏壇はどのようなものか?

solid altar made

無垢材ならではのメリットや短所はどのようなところにあるのかについても解説します。ご自分が購入したいものはどういったものなのか考えながら、無垢材を使ったお仏壇を選択肢に入れるのかどうかのご判断にお役立てください。

無垢材とは

無垢材とは原木となる一本の木から、必要とされる寸法に切り出された材木のことを指します。無垢材を使った仏壇は本黒檀や本紫檀といった高級な銘木が使用されています。とはいえ全て仏壇のパーツを銘木で作ることは材料的に大変希少で難しいものです。そのため、一般的に無垢材の仏壇として販売されている仏壇は、芯材として使われている材木の表面に無垢材を貼ってつくられているものが多いです。

無垢材の耐久性について

耐久性については建築材に使われるほど丈夫なものだとされていて、木が乾燥することで強度が増していく特性を持っています。そのため、樹齢の高い木材ほど耐久性に優れているのが特徴です。

銘木は特に傷がつきにくい硬さを保つとともに、乾燥性にも優れているため菌や虫に強いお仏壇として扱われています。色や香りも様々で、黒檀は黒色、紫檀は黒色や赤褐色などで、木材それぞれの自然な香りが楽しめるのも魅力です。

一口に木製と言っても多くの材料があります。用途に応じた使い分けをして品質と価格のバランスをとっています。銘木の無垢材使用や厚板貼り加工は高額な部類に入りますが、耐久性が高く何よりも天然の重厚感や温かみを感じながら使用できるため、長い目で見れば値段にもご納得いただけるはずです。

高級感のある本黒檀や本紫檀を用いた唐木仏壇をお探しの方は、福岡県大川市にある仏壇店・江頭仏壇店をご利用ください。九州最大級の展示本数で常時250本以上をご用意しています。本黒檀や本紫檀などの厚板貼り加工を用いた高級唐木仏壇の他にも、金仏壇を含む様々な仏壇をご用意していますので、福岡で仏壇店をお探しの方は必見です。

高級な無垢材の仏壇は工法の違いでグレードが分かれる

High-grade solid wood

無垢材は乾燥性や耐久性に優れた特徴を持っている反面、割れや反りなどが起きやすい短所を持ち併せています。短所を少しでも抑える方法として木材に無垢材を貼り付ける厚板貼りが用いられます。厚板貼りにはどのような方法があるのかグレード別にご紹介していきます。

1.厚板貼り

芯材に木材を使ったもので、3mmから6mm程度に製材した無垢材を前面のみに貼り付けます。側面などには貼り加工を施す部分もあります。価格も安価ですが、銘木の良さは伝わってきます。

2.二方厚板貼り

戸軸が狂わないように考えられ、両面に貼り付けられます。戸板にも無垢材が使われるなど、厚板貼りに比べて質感が出る完成度の高いものになります。

3.三方厚板貼り

芯材の三方向から貼り付けられたものです。三方向から貼ることにより前面と側面の境部分にも銘木の加工ができ、お仏壇の内部にも工夫がなされるようになります。

4.四方厚板貼り

芯材を四方向から囲むように作られます。使われる無垢材の量(厚み)が多くなると同時に後面の銘木加工ができるようになります。そのため、重厚さや貫禄が格段に上がるとともにこだわりの強い製品が数多く販売されています。

5.総無垢工法

無垢材のみを使ってつくられた作品です。素材によって価格も変動しやすく全てがグレードの高いものとはなりませんが、重厚感のある質の高いものが多く取り扱われます。ただし、天然材料を使用する関係で割れや反りなどが起きやすくなるため、信頼できる仏壇店で乾燥など工法を詳しくお尋ねください。

唐木仏壇の表面木材加工には、厚板貼りの他に下記があります。

  • 「~調着色」の表示は芯材に直接木材の色を付けたもの
  • 「~調プリント」の表示は木材の模様を印刷したシートを貼ったもの
  • 「貼り(薄板貼り)」の表示は0.1~0.8mm程度の板を貼ったもの

工法の違いを知ることで仏壇について深く知ることができ、仏壇選びに役立ちます。

仏壇に関して気になることがあれば、仏壇店にご相談ください。福岡に店舗を構える老舗仏壇店の江頭仏壇店では、仏壇に関するご相談も大歓迎です。ご希望の仏壇が見つかるよう親身になって相談に応じます。福岡で仏壇店をお探しの方は、お気軽にお問い合わせください。

福岡で仏壇店をお探しの方は江頭仏壇店へ 本黒檀・本紫檀などの厚板貼り加工を用いた高級仏壇も取り扱い

品質の高い高級な仏壇として取り扱われている無垢材を使った仏壇の特徴や種類について、福岡で仏壇や仏具を取り扱っている江頭仏壇店がご紹介しました。無垢材が使われたお仏壇の中でも厚板貼りや素材によって価格も大きく変わってしまいます。そのため、ご購入する前にそれぞれがどういった特徴を持っているのか、どのグレードに分類されるのかをしっかりとチェックし、何よりも本物を実感されてからお選びください。

福岡の仏壇店・江頭仏壇店では、本黒檀・本紫檀などの厚板貼り加工を用いた高級唐木仏壇も多数取り扱っています。また、事前にご連絡いただければ、入手困難な材料を使用した唐木仏壇、伝統的工芸品の金仏壇など希望の仏壇を展示しておくことも可能です。まずはお気軽にご相談ください。

福岡の仏壇店をお探しなら、江頭仏壇店をご利用ください!

会社名 株式会社 江頭仏壇店
住所 〒831-0035 福岡県大川市大字津17−2 交通アクセス
TEL 0944-88-0001 / 0120-07-7718
FAX 0944-86-5867
URL https://www.butsudan.co.jp/
創業 昭和22年4月1日
会社設立 昭和46年10月1日
資本金 3000万円
代表者 代表取締役 江頭 那将
従業員 20名
事業内容 仏壇・仏具、神具、祭壇の総合卸売(九州で唯一)販売業、墓石、各宗寺院の御内陣・納骨堂の新設・改修、仏壇・仏具の製造
取引銀行 大川信用金庫本店、福岡銀行大川支店
営業時間 8:30~17:30 定休日:第3水曜日