1. HOME
  2. 【福岡】仏壇・仏具の基礎知識
  3. 【佐賀】仏具の種類と使用用途

【佐賀】仏具の種類と使用用途

仏具とは、仏様を供養するために用いられる道具のことです。様々な種類があり、それぞれ用途が異なります。こちらでは、仏具の種類と使用用途に加え、仏具セットに関して解説します。

佐賀や福岡で仏具をお買い求めの方は、江頭仏壇店をご利用ください。福岡に店舗を構えており、佐賀の方からもご利用いただいています。

仏具の種類と使用用途

仏壇で使用するりん

仏壇に飾る仏具は、どれでも良いわけではありません。どのような仏具が必要となるのかは、宗派によって異なりますので、購入する際はよく確かめた上でお選びください。

家具調仏壇、モダン仏壇、小型仏壇では無宗派で飾られる時もありますが、代表的な仏具を参考にしてください。

お仏壇購入の時に一緒に購入される場合が多いですが、ばら売り、セット販売、可愛い仏具などに対応いたします。

花立

花を供えるために使用する花瓶です。花立は小さな花瓶で、仏壇の上に設置します。

香炉

線香をたくために使用する仏具です。香炉には、玉香炉と前香炉の2種類があります。玉香炉は、本尊前に設置します。前香炉は、線香を供えるために用いるものです。香りで場を清めて仏様を迎えるために、前香炉は欠かせない仏具です。

燭台

ろうそくを立てるための仏具です。ろうそく立や火立と呼ぶ場合もあります。

茶湯器

毎朝、お茶・水などを供えるために使われる器です。宗派によっては、お茶・水を供えない場合もあります。

仏飯器

ご飯を盛って仏前に置く際に使用する仏具です。お供えするご飯は、炊きたてのものを使用します。

仏器膳

お茶・水の入った茶湯器、ご飯を盛った仏飯器を載せておくお膳です。横に長いのが特徴です。

リン

読経の際に打つ仏具のことを、リンと呼びます。鳴らす際はリン棒を使用します。この仏具を鳴らすことで、読経の始まりを知らせるのです。

仏具セットとは

仏具は単品ではなく、セットでも販売されています。セットの内容は使用目的や飾り方により異なりますので、よく確認した上で購入すると良いでしょう。

お祀りの為に組み合わせて仏具のセットとしてよく販売されています。種類によってはばら売りも可能です。内容には、「三具足」「四具足」「五具足」などがあります。こちらでは、それぞれの概要を説明します。

三具足

三具足は、仏具の中で最も基本となるセットです。花立、香炉、燭台の3つがセットの内容であり、これらの仏具は祈りを捧げるためには欠かせないものです。在来仏教である限り、宗派に関係なく三具足は必要なセットといえます。五具足は三具足をベースとしています。

四具足

燭台(1個)、火舎香炉(1個)、華鋲(2個)、のセットを四具足と呼びます。浄土真宗が主に使う仏具のセットで、他の宗派では使用されることはありません。

五具足

花立、香炉、燭台のセットである三具足と、揃える内容は同じです。しかし、五具足の場合は花立と燭台が、それぞれ2個ずつになっています。基本的には三具足で問題はありませんが、法要の際は五具足を用いることも多いです。

佐賀や福岡で仏具をお求めなら~ばら売りの仏具や可愛い仏具を購入したい方はお申し付けください~

和室にある仏壇と花

こちらでは、仏具の種類と使用用途、仏具セットについて解説しました。佐賀や福岡で仏具を購入したいとお考えでしたら、江頭仏壇店をご利用ください。

各宗派の仏具や日常でお使いいただける和雑貨などを取り扱っており、福岡のみならず佐賀のお客様からも利用される仏壇店として親しまれています。

「ばら売りの仏具を購入したい」「可愛い仏具が欲しい」など、ご要望は何でもお申し付けください。それぞれのお仏壇やお一人お一人の飾り方祀り方に合ったお仏具や仏具セットを紹介させて頂きます。

先述の三具足セットに可愛いデザインで一式をそろえたセットもあります。佐賀や福岡で仏具をお求めの方のご来店を、心よりお待ちしています。

佐賀で仏具を購入予定の方は江頭仏壇店へ

会社名 株式会社 江頭仏壇店
住所 〒831-0035 福岡県大川市大字津17−2 交通アクセス
TEL 0944-88-0001 / 0120-07-7718
FAX 0944-86-5867
URL https://www.butsudan.co.jp/
創業 昭和22年4月1日
会社設立 昭和46年10月1日
資本金 3000万円
代表者 代表取締役 江頭 那将
従業員 20名
事業内容 仏壇・仏具、神具、祭壇の総合卸売(九州で唯一)販売業、墓石、各宗寺院の御内陣・納骨堂の新設・改修、仏壇・仏具の製造
取引銀行 大川信用金庫本店、福岡銀行大川支店
営業時間 8:30~17:30 定休日:第3水曜日