1. HOME
  2. よくあるご質問

よくあるご質問

仏壇・仏具

人が亡くなった時お仏壇は必ず購入しなくてはいけないのですか?

人が亡くなった時お仏壇は必ず購入しなくてはいけないのですか?
その場合、四十九日までに購入したほうがよいと聞きましたが、それは本当なのでしょうか?

お仏壇と位牌の準備は、ご供養を今後仏教徒として行うのかによって決まります。
特に仏教徒にこだわらなければ故人の写真にお花をお供えして手を合わせる事もご供養になります。日ごろご信仰のあるお寺様等にご相談されてはいかがでしょうか。
お仏壇を購入した時は、どこにどのように置いたらよいでしょうか?
床の間に置かれることが多いですが、そこが元来仏様をおまつりするのに清浄な場所であったためです。
直射日光が当たらず、家族のみんなが集まってお参りできる場所がよいと思います。
お仏壇の向きですが、東向きまたは南向きがいいでしょう。
ただし、どうしてもその向きに置けない時は仕方がないでしょう。
異なる宗派のお位牌を一緒におまつりしてもよいのですか?
お仏壇に異なる宗派のお位牌をおまつりすることは特に問題はないと思います。
マンションでのお仏壇はどこに置いたらよいでしょうか?

マンション住いでお仏壇を置く場所がないので、お位牌だけを家具の上に置いてもよいのですか?

かまわないと思います。
お仏壇が大切なのではなく、故人を想い、そして感謝し、手を合わせることが一番大事なことなのです。ただ、今はマンション住いや住宅事情を考慮したいろんなタイプのお仏壇があります。例えば、小型のものでタンスの上に置けるものや洋風のもの、家具風のものなどデザインもモダンなものが増えてきました。お値段もさまざまありますので、そういったお仏壇の購入も考えられたらいかがでしょうか。
お仏壇はいつごろ購入したらよいのですか?
お亡くなりになられてからあまり日をおかずに購入された方がよいと思います。
遅くとも四十九日までには購入し、どうしても間に合わない時は、お盆や祥月命日などを機会に購入しましょう。
お仏壇は、お仏具やご本尊などさまざまな付属品が必要となります。
そのうえにお仏壇の材質・値段等もさまざまですから、初めて購入される方はお寺様に相談されて、信用のおける販売店を紹介していただくのもよいかと思います。
お仏壇を購入する際のチェックポイントは?
まず、お仏壇をどこに、どの場所におくかを決め、そこのサイズを計り、そのサイズに合ったお仏壇を選びます。値段等もさまざまですので、あまり無理をせず、その家庭に合ったものを選びましょう。
お位牌にはどんな種類がありますか?
故人一人一人が別になっている礼位牌、故人を何人かまとめて一つに収納してある繰り出し位牌などが一般的です。また、黒塗りや金箔塗りなど仕上げもいろいろです。
白木の位牌は、寺位牌と呼ばれ、忌明けにお寺に収めるものです。
お仏壇を初めてお祀りする時はどのようにしたらよいでしょうか?
新しくお仏壇を購入し、設置する時は、開眼供養をします。
開眼供養は家の中にご本尊をお迎えして先祖の位牌を祀るもので「仏壇開き」とも言います。
これを行わないうちは仏壇の扉をあけてはいけません。

お葬式・仏事・香典

お香典を郵送することは失礼になりますか?

音信不通であった知人が、去年末に亡くなっていたことを別の知人から聞きました。
この知人は、付き合いが濃い人でしたが、音信不通になっていたため、約1年も前に亡くなっていたことは知る由もありませんでした。
香典は、持参するのが礼儀でしょうが、遠方(関西と九州)なので取り急ぎであれば、書留等を使って届けていいものでしょうか。

お香典はご持参されるのが礼儀ですが、遠方にいらっしゃるなどの理由があればかまわないと思います。
その場合は別にお手紙をそえられたりするとよろしいかと思います。

香典袋には、「御霊前」と「御仏前」がありますが、正しい使い方を教えてください。
「御霊前」は七七日(49日)の法要まででその後は「御仏前」となります。
ただしキリスト教神道の方には「御仏前」は使いません。
キリスト教の場合は、香典袋は黒白の水引の物でよいのでしょうか?

キリスト教の場合は、香典袋に「御霊前やお花料」と書いて出すのは分かるのですが、香典袋は普通の黒白の水引の物でよいのでしょうか?それとも他に何かありますか?

キリスト教の表書きは、「御霊前」「お花料」となります。
  1. ・「御霊前」の場合…黒白か銀一色の水引のもので結構です。ただし、蓮模様の型押や印刷がついているものは避けます。
  2. ・「お花料」の場合…十字のついたキリスト教専用の香典袋を使用します。
生前面識がない祖母に対しての香典について。

私の母方の祖母が亡くなりました(同居ではありません)。
私は香典を包むべきなのでしょうか。包むとしたら金額はいくらぐらいが妥当でしょうか。
また、妻と妻の実家はいくら包むものなのでしょうか。生前一面識もありません。

  1. ・ご自身…1~2万円をご自分のお名前で包みます。
  2. ・奥様…奥様の名前で改めて別に包む必要はありません。
  3. ・奥様のご実家…1~2万円を家長のお名前で包みます。
なお金額に関してはお気持次第のものであり、また地域によって差があるのであくまでも目安とお考えください。
生花をいただいたのですが、その方には、香典返しはどのくらいしたらよいのですか?
生花や盛り物をいただいた方や遠方からいらっしゃった方には香典返しを少し多めにされることがあります。生花や盛り物を下さる方は故人と親しくお付き合いされた方が多いと思いますので、その方々への感謝の気持ちを表す意味も含めて少し多めにされてはどうでしょうか。
仮通夜と本通夜が行われる時はどちらに参列すればよいのですか?
仮通夜と本通夜が行われる場合、一般的に仮通夜は近親者のみで行い、本通夜は近親者以外が参列されることが多いようです。ただし、地域によっては多少違うこともあります。
妊婦はなぜお葬式に出たらいけないのでしょうか?

よく「妊婦はお葬式には出たらダメ」って言いますよね。火事なら赤ちゃんにアザができるとか言いますがなぜお葬式に出たらいけないのでしょう。火事のアザのように何か言い伝えがあるのでしょうか?

由来については不明ですが、基本的に葬儀の際に妊婦への精神・肉体的な負担(お腹の赤ちゃんへの悪影響)や死による「穢れ」を懸念した所からきているのではないかと存じます。(地域によっては参列の際にお腹に鏡を入れるところなどもあるようです)
(地域の風習等が無ければ)ご参列自体は問題ございませんが、負担になることは確かですので、体調の変化にはくれぐれもご注意ください。
会社の同期のお父様(遠方)が亡くなった際、お香典かお花のどちらを送ればよいでしょうか?

会社の同期のお父様が亡くなりました。場所が遠く誰も参列できないため、お香典かお花を送ろうと思うのですが、どちらがよいのでしょうか。葬儀の際にお香典と生花のどちら(又は両方)にするかについて、明確な基準はございませんか。

会社の慶弔規定で(何親等の場合は○○)決められている場合もありますので、それに順ずるのも一つの方法かと存じます。今後この事が同期の方に対する一つの基準となりますので、同期の方々でよくご相談されることをお勧めします。また、ご葬儀がどのようなところ(ご実家or会館)で行われるかにより、若干変わりますので、まず葬儀が行われる場所をご確認ください。
  1. (1)生花の場合…スペース的な問題が生じる場合もありますので同期の方に打診の上、OKであれば、葬儀を執り行う葬儀社に連絡し手配してもらいます。
  2. (2)お香典の場合…お送りする場合は書留となると存じますので、ご自宅以外の場合(会館等)の場合でも(同期の方に連絡の上)、ご実家のほうが無難かと存じます。但し、到着のタイミングを考慮された方がよろしいでしょう。
四十九日忌の際の納骨のタイミングについて

母方の叔父の四十九日忌があります。
納骨もその時行う予定ですが、お経は自宅であげていただき、別の場所で会食をします。
こんな場合、納骨にはいつ行けばよいのでしょうか?
会食に行く前だと、他の方に自宅で30分程度待っていただかなければならないし、帰ってきてからになると、会食の場所にお骨も一緒に行ったほうがよいのか…とも思いますし…。
また、その前に祥月命日がありますので、その時納骨のお経をあげていただいて、四十九日忌前に納骨に行こうかとも思っていますが、どう親戚に説明すればよいのかわかりません。

一般的に四十九日法要の際に納骨をあわせて行うため、
(1)四十九日法要(墓前又はお寺本堂にて)→(2)納骨→(3)会食
といった流れが多い様です。
但し、お客様のご事情からですと
  1. (1)四十九日以前(35日や月命日)に納骨だけ済ましておく。
  2. (2)四十九日法要を自宅ではなく、お寺(墓前)で行い納骨を合わせて行う。
  3. (3)自宅での四十九日後、出席者全員に納骨にも立ち会っていただき、その後会食会場へ移動。
以上のパターンが考えられますので、ご家族やご住職にご相談の上最終的なご判断をされるとよろしいかと存じます。
なお、ご質問にございました「祥月命日」は死亡した毎年の同月同日をさします。(死亡日と同じ日は「月命日」と呼んでいるようです)
水子のご供養はどのようにしたらよいのですか?
水子のご供養の場合、一周忌や三回忌は行わないことが多いようです。その場合、水子供養を行っているお寺様にご供養をお願いしたり、お墓を作り水子の霊として納骨・供養したりすることが多いようです。
納骨時のお寺様へ読経等のお礼について

今年7月に亡くなった母を、納骨堂に仮安置しているのですが、49日に墓地に正式に納骨するに際して、お寺と墓地2ヶ所でお経をあげてもらいます。お寺からは御住職が来てくださるのですか、このお礼はお布施として納めるのがよいのか、またその金額の目安はどれくらいか知りたいのです。

まず、お寺様への読経等の際のお礼の表書きは「御布施」となります。(袋は不祝儀袋)
お布施につきましては、お寺様ごとにそのお考えが異なるため、金額の決まりは特にございません。
法要の時期は前倒しできますか?
法要の前倒しは、喪主の方の都合によりできます。
日程の決定はお寺様に事情をご説明の上、日程を決定されると宜しいかと存じます。
遠方の親の遺骨を分骨して持ち帰った場合の供養について

先週、実母が亡くなり、私は実家から離れたところに住んでいるので、分骨して自宅に持って帰ったのですが、今後、どのようにご供養していけばよいのでしょうか?それから、どの時期まで自宅においておけばよいのでしょうか?49日の法要には、持ってかえるのでしょうか?現在は、判らないままに、お水とご飯やお菓子をお供えしてあります。

分骨されたご遺骨のご供養につきましては、特に決まりはございません。
考え方としましては、
  1. (1)四十九日(又は節目の法要時)を目処に墓地に納骨。
  2. (2)ご仏壇等にてそのまま安置し、ご供養する。
  3. (3)本山等に納める。
がございます。

(1)の場合、分骨時に「分骨証明書」をいただいていれば、ご自身の墓所へのご納骨が可能です。もしお持ちでない場合は、実家の火葬所に分骨証明書を出していただくようご相談なさってみてください。また、ご実家の墓地に納骨することも可能ですが、同様に分骨証明書が必要になる場合がございます。(2)、(3)について、分骨されたご遺骨をご自宅又はご自身の信仰される本山でご供養される方もいらっしゃいます。
なお、ご実家へご納骨しないのであれば、法要(四十九日)の際にご遺骨をお持ちにならなくとも結構です。(ご実家から依頼があれば別ですが)
また、故人へのご供養は、現在同様お花やお線香の他、故人のお好きだった物をお供えすれば宜しいでしょう。何より手を合わせるお気持ちが一番大事かと存じます。
三回忌以降はどうしたらよいでしょうか?
年忌法要とは、亡くなった人の祥月命日に営まれる法要をいいます。
祥月命日とは、亡くなった月日のことで、例えば3月16日に亡くなったとすれば毎年3月16日が祥月命日です。年忌法要は、一周忌=亡くなった年の翌年に営まれる初めての年忌法要で、特に重要な年忌法要です。
三回忌=一周忌の翌年に営まれるのが三回忌で、これから三年目を迎えるという意味で三回忌といいます。以後、命日から数えて満6年目に営まれる七回忌。同じように十三回忌、十七回忌、二十五回忌、三十三回忌、五十回忌と続きます。
宗派や地方の習慣などでは、20年代を二十三回忌と二十七回忌の2回勤めることもありますので、お寺様にご相談しましょう。
五十回忌以降は50年毎に行います。
普段のお参りには何を持って行けばよいでしょうか?
御仏前として「現金」の他、「お菓子」や「線香」「ローソク」など、いずれの形でもかまいません。それらを組み合わせてお供えするのもよいでしょう。但し、合計して相手にあまり負担にならない金額が適当です。
新しい年を迎えるにあたり、どのような準備が必要ですか?今年、初盆が終わりました。
故人やご先祖様に気持ちよく新年を迎えていただけるように、お仏壇やお墓はきれいに掃除しておきましょう。基本的には普段のお正月と同じで鏡餅なども準備されて結構ですが、ご命日からの一年間は喪に服するという意味で、いわゆる「祝宴」のたぐいや初詣などの「神事」は自粛されたほうがよいでしょう。「初詣」に行かれる場合は、神社の入り口、鳥居の手前で済ませた方がよいでしょう。お寺様への初詣は、普段でも忘れがちですが、ぜひ行かれてください。

お盆・お彼岸

お盆の少し前に亡くなった場合の新盆はいつでしょうか?新盆のやり方について

妻の母が昨年7月28日に亡くなりました。
こちらは東京在住ですがお盆は昔から8月に行っているために新盆は今年の8月、と義父が言いました。
お盆の少し前に亡くなった人はその年に新盆はやらず翌年にやるのが普通なのでしょうか?
又、新盆のやり方(白い提灯はいつから飾る?)等、ご指導ください。

地域の習慣もありますが、一般的にはお盆までに四十九日忌が過ぎない場合は、翌年のお盆が新盆となります。
新盆の準備につきましては、基本的には普段のお盆とそう大きく変わりませんが、亡くなられたお義母様が初めてお家に戻って来られるので丁寧にお迎えしたいものです。
また、親戚や知人が来られることも考えられますので、その準備も考えておきましょう。
地域によって、白張り提灯を家人が飾り、また親戚や縁者の方が柄のついている提灯を贈ってこられ、それを飾る事が多いようです。
飾る時期は特に決まっておりませんが、8月の7日頃が目安になります。
主人の新盆のお返しについて

今年、主人の新盆を迎えます(私が喪主です)。
1. ちょうちんをいただいた方(親戚)へのお返しは、どのようにしたらよいでしょうか。
2. 新盆に来ていただいた親戚へのお返しは、どのようにしたらよいでしょうか。
(食事をする予定です)。

  1. 1. 提灯は故人への供養と生前お世話になったお礼も含めて、贈ってくださったものですので特にお返しが必要というものではありませんが、お気持ちで「志」の品を準備することもあります。(今後こちらから先方に贈ることがあるかとも思いますので、お互い様と言うこともあります)
  2. 2. 供養に来ていただいた方には、飲食の接待と引き出物を付けて御もてなしされればよいでしょう。
新盆の法要に家族で招かれた際に準備していくものは?

今年、主人の姉の新盆です。ちょうちんをおくる風習は、「ない」といわれました。新盆の法要に家族で招かれましたが、準備をしていくものはどのようにしたらよいでしょう。ちょうちんのかわりに、何か送ったほうがよいでしょうか?

ご供養にご夫婦で伺う場合は「御仏前」の表書きで2~3万円を包まれ、故人が生前好きだった果物かお菓子類を添えられてはいかがでしょうか。
初盆に伺った先での最初の挨拶は?

息子の嫁の母が今年1月亡くなり、初盆を迎えます。私達夫婦も行くことになっていますが、行った先での最初の挨拶言葉はなんと言えばよいのか迷っています。
「どうも、どうも」でよいのか、「どうもこの度は…」という言い方は間違っているのか…などと悩んでいます。

「この度は、故○○様の新盆供養にお招きいただきましてありがとうございます。皆様と御一緒に御供養させていただきます。どうぞ宜しくお願いいたします。」このような挨拶でいかがでしょうか。
お盆の迎え火・送り火を焚く日はいつですか?また、焚く時間は何時ごろですか?
迎え火を焚くのは7月13日(8月13日のところもある)です。
時間については地域の習慣もあり、特に決まりはありませんが、一年ぶりに帰宅される仏様を家族がそろってお迎えし、またお見送りをしたいものです。
※夕方が多い様です。
新盆に送る提灯について

新盆には無地の提灯を贈るとか絵柄提灯を飾るとか言われますが、どちらを飾るのですか。
また、どうしたらよいのでしょうか。

地域にもよりますが、新盆に先立ってご葬家では白い提灯を準備します。
亡くなった方のご実家筋、兄弟、子供と近い親族関係の方は絵付提灯をお送りすることが多いです。
新盆のお布施の額、普通の棚経のお布施の額について

新盆のお布施の額はいくらですか?普通の棚経にきていただいたお布施の額はいくらですか?
墓参の際にもお布施は包むのでしょうか?

こちらからお願いして僧侶に特別に来ていただいた場合は1万円~3万円。
普通のお盆は地域によって3千円~1万円位が多いようです。
お寺様への御布施はいつでも機会があれば差上げる心がけが大切です。
お彼岸はいつからいつまでですか?
お彼岸は春・秋ともに中日(春は春分の日、秋は秋分の日)を挟んで前後3日になります。
お彼岸は仏壇に何をお供えすればよいでしょうか?
水やお線香はもとより、お花や故人の好物、季節の果物なども準備しましょう。
春には牡丹餅・秋にはおはぎもお供えしましょう。
彼岸の塔婆料はいくらにしたらよいのでしょうか、教えてください。
各お寺様によって長さ・金額が決まっているようです。
お寺様におたずねになってはいかがでしょうか。
ぼた餅とおはぎには違いはありますか?
「ぼた餅」の「ぼた」は牡丹の花から「おはぎ」の「はぎ」は萩の花からきています。

墓石

生前にお墓を建てるのは良いのでしょうか?

生前にお墓を建てるのは良いのでしょうか?
また、開眼供養(魂入れ)などの儀式についても教えてください。

生前にお墓を建てることは「寿陵」といい、とてもおめでたいことです。
また相続の面でも墓所を事前に準備しておくことは節税にもなります。
魂入れは、特に時期などに決まりはありませんが、お寺様と相談されて、できるだけ早くお経をあげてもらったらよいと思います。
お墓の建立と納骨を同時に行う場合のお礼について

お墓の建立と納骨を同時に行うことになりました。この場合、お祝いなのでしょうか、それとも仏事なのでしょうか?

通常、お墓の建立はお祝いごととされていますが、この場合、仏事を優先します。
ですからお経料は、奉書紙または白い封筒に「お布施」と書いてお渡しください。
合祀とは?檀家になるとはどういうことなのでしょうか?

合祀とは何ですか?永代供養墓のところにあったのですが…。
それと、そこのお墓を利用する条件に、檀家になるという所もあるのですが、檀家になるということは、どういうことなのでしょうか?

「合祀」とは一般的に「お墓」というと家族が代々葬られるものをイメージされると思いますが、「合祀」というのは家族に限らず複数の人を葬る施設のことを言います。
合祀墓には、教会の信者をまつる教会墓所や墓標代わりとなる1つのシンボルの下に多数の人を葬る墓所などがあります。

「檀家」になるとは檀家(旦那)寺又は菩提寺と言ってそのお寺に所属することが「檀家」になるということになります。
従いまして、仏事儀式(宗派の式)全てをそのお寺にお願いすることになります。また、お寺の年間行事への参加ということもあり、菩提寺との付き合いが深くなり、安心を得ることができます。
お寺は一般的に、檀家が納めるお布施や護持会費、寄付、墓地管理費等によって、管理運営されております。
オリジナルのお墓を建てたいのですが、予算はどのくらいかかるものなのでしょうか?
予算ですが、お墓の広さ、石の種類(国産か輸入)、デザイン(石材加工・彫刻の有無)などにより異なります。
お客様のイメージどおりのオリジナル墓をお作りになるためにも担当者とよく打ち合わせされることをおすすめします。
新しいお墓が四十九日に間に合わない時は?

もうすぐ四十九日になりますが、新しいお墓が決まるのは四十九日には間に合いません。
いずれお骨は移したいのですが、それまでは今あるお墓に納骨して、改めて一周忌にお骨を新しいお墓に移すという事はできるのでしょうか?

一度埋葬したお骨壷を、のちに別のお墓に移すことはできます。ただし、お墓の名義人と故人、またはお寺様との関係、感情的な面を十分考慮する必要があります。一時的にお骨を安置したいのでしたら、市区町村や霊園・寺院の「納骨堂」に一時的に安置するという方法もあります。年間管理料を支払い、所定の手続きをとってお骨を預かっていただきます。
お墓が決まってお骨を移す際には「改葬手続き」が必要です。
お墓建立時に頂いたお祝いへのお返しは?

お墓を建立した時に親戚からお祝いを頂いたのですが、お返しはどうしたらよいでしょうか?

お返しは、お墓を建立した際の状況で違います。
仏様ができたためお墓を建立されたのでしたら仏事となりお返しは「志」となります。
生前に建立されたのでしたら、お祝いとなり「お礼」「内祝」となります。

ご不明な点やご不安なことはありませんか?

当店は経験豊かな仏事コーディネーターがお客さまをお迎えいたします。些細なことでもぜひお尋ねください。お電話や当ホームページのお問い合わせフォームなどからお気軽にどうぞ。

お問い合わせフォーム